インディアンジュエリー/現地直輸入品|ジーフィールド

Scroll to top
Font-Size Font-S | Font-M | Font-L | Font-LL

インディアンジュエリーに使用される天然石の種類と特徴について

アメジスト(Amethyst)
古代の人々はアメジストを恐怖心などを和らげる役目として、旅の安全を守る石として使用していたそうです。身体的にも精神的にも効果があるといわれ、良い夢を誘い、自己治癒力を高める効果がある石ともいわれております。
アラバスター(Alabaster)
雪花石膏
オニキス(Onyx)
オニキスはマイナスのエネルギーを持つ石といわれています。力を解放するために利用することで自分の内部の不調和を和らげる役目があるといわれています。
オパール(Opal)
オパールは水と結晶性の岩石から形成された最も古い宝石といわれています。色は乳白色や赤、ピンクなど様々な色がありますが、光に当たると不思議な虹の色に輝く神秘的な石です。ブラックオパールは最も高価で希少な石です。オパールは「キューピットストーン」と呼ばれ愛とロマンスの石、願い事や幸せをかなえてくれる石といわれています。また、オパールは「宝石の女王」とも呼ばれており、希望と積極的行動、愛を達成する石ともいわれ人気の高い宝石となっています。
オブシディアン(Obsidian)
インディアンにとっては守護石でもある。色は黒、灰色、茶色などがあり、白い斑点模様や縞模様などがある火山石。粉雪のような模様からスノーフレークともいわれる。オブシディアンは古くから魔除けやお守りなどに利用されている。「アパッチの涙」とも呼ばれ、アパッチの戦士が戦いの際に大地に流した涙がこの石になったという言い伝えもある。
クリスタル(Crystal)
クリスタル(水晶)は身のまわりに置いておくことでエネルギーを発するといわれています。
コーラル-珊瑚-(Coral)
コーラルは有機物の宝石珊瑚のことで、色は白や濃い赤、ピンク、オレンジ、黒など様々な色があります。珊瑚は体のバランスをとり感情と心をリラックスさせるという力があるといわれています。赤珊瑚は悪いエネルギーを取り去り身の安全を守るといわれ、オレンジ珊瑚はうっ積したエネルギーを解き放ち、白やピンクは行動を一点にまとめる集中力を補うといわれています。古代人は赤珊瑚に体の発育を強める力があると信じ、子供へ最初に与える宝石としていたそうです。
ゴールドストーン-茶金石-(Gold Stone)
茶色の石で、表面はラメを散りばめたように、キラキラ光る人工石です。「ゴールドストーン」の名称は砂金状に輝くところからその名がつきました。ゴールドストーンは隠れた才能を導き出してくれるといわれています。そのため、この石を身につけるとチャンスがおとずれ、人生において重要な出逢いをもたらしてくれるといわれています。金運向上、健康維持、魔除けとしての力もあるといわれます。
サーペンティン(Serpentine)
サーペンティン(蛇紋石)は模様の入っためのう化した薄緑からグレー、濃いオリーブの色まである石。旅人の石として、危険から身を守る力があるといわれお守りとして利用されていました。インディアンたちはこの石とコーラルを組み合わせてお守りにしました。自分の身の安全を守る助けになり、不愉快な気持ちやストレスを取り除く力があるといわれています。
シェル(Shell)
インディアンアクセサリーに使用されるシェル(貝)は二枚貝や巻貝、真珠貝など様々です。色は白、ピンクから紅、茶まで様々な色がありインディアンの間では高価なものとみなされ交易にも使われていました。そのため首に下げ装飾することで強さと富の象徴とされていました。
ソーダライト(Sodalite)
ソーダライトはものの見方をクリアにし、恐怖心や疑いの心をなくし、心理的にコントロールしてくれる役目があるといわれています。 ラピスラズリにとても似ていますが、ラピスが知恵と心の広がりを刺激するのに対して、ソーダライトは心をクリアにする作用があるといわれています。
タイガーアイ(Tiger Eye)
タイガーアイは洞察力と知覚力をサポートし、物事を成功に導くとされています。そのため、仕事運や金運に恵まれるともいわれ、古代から愛され てきた石です。アイ・ストーンには多くの種類がありますが、その中でも最も人気のあるのがタイガーアイです。タイガーアイは光の当たり具合で陰影効果が 出る石でまさにタイガーの目のように多様な模様を楽しめます。
トルマリン(Tourmaline)
トルマリンは水晶以上に強い電気、磁気をもっており、エネルギーの伝導体として身体に刺激を与えてくれるといわれています。自分自身の方向性を決め、積極的な行動を刺激してくれる役目があるといわれております。
ターコイズ(Turquoise)
ターコイズはトルコ石とも呼ばれ、幸せと幸運を呼ぶ石として人気が高い石です。インディアンにとっては地上に生きる神として、常に身に着けたり、聖なる儀式にも使われました。また、インディアンは墓を守るためにもこの石を使い、心をリラックスさせて緊張やストレスから解放してくれる作用を持っているともいわれています。
ブルーゴールドストーン-紫金石-(Blue Gold Stone)
紫がかった紺色の石で、表面はラメを散りばめたように、キラキラ光る人工石です。ゴールドストーンは隠れた才能を導き出してくれるといわれています。
ヘマタイト(Hematite)
ヘマタイトは活力を与え、精神と肉体を調和し、生命力を活発にする石といわれています。 そのため冷え性、貧血症、肩こりや神経痛などに効果があるといわれております。
ホワイトバッファロー(White Buffalo)
白いターコイズと呼ばれるホワイトバッファローは採掘量も少なく希少価値の高い白い石。ターコイズのように石の表面にはクモの巣のような不規則な模様があります。「奇跡の石」としてとても珍重されています。
ボーン-骨-(Bone)
動物の骨は他のどの石よりも宗教的な意味を持ち彫刻や首飾りなどに幅広く利用されていました。骨は動物界からの贈りものとして気持ちをやわらげるといわれています。
マラカイト(Malachite)
マラカイトは薄い緑色や鮮やかな濃い緑色の縞模様がきれいに浮き出ている不透明な石で、優れた幻の力を授かると信じられています。昔から守護の石として親から子供たちへお守りとしても与えられました。緑は幸運とサクセスの色としてビジネスの世界でも好まれます。
ラピスラズリ(Lapis Lazuli)
聖なる石として古代から魔よけにも使われていたといわれています。心の安定や浄化作用、知性と知恵を高める石ともいわれています。そのため、 幸運と成功に恵まれるといわれてきた人気のある石です。
レッドジャスパー(RedJasper)
レッドジャスパーはインディアンたちの間でラビングストーンといい、こすり石に使われ、雨乞いの際に使用される石だった。また、地下の水を探知するためにも利用されました。ジャスパーは夜間の見えざる危険から身を守ってくれる石ともいわれています。レッドジャスパーはエネルギーを与え体の新陳代謝を調節し、スタミナを増強する役目もあるといわれています。
Copyright©2018 Gfield.All Rights Reserved.