インディアンテント「ティピー」ご希望のサイズでオーダーメイドします!

Scroll to top
Font-Size Font-S | Font-M | Font-L | Font-LL

将来、ティピーオーナーになりたいと考えている方へ

「ティピーがほしい!」そう考えている方へ、一言アドバイスをさせてください。
ティピーの導入を真剣に考えている方は特にそうかと思いますが、将来、自分がティピーのオーナーになった時のワクワクするような未来予想図を頭に描きながらも、予算、運営、設置、管理など・・・様々なお悩みがあることだと思います。
「せっかく手に入れるのだからできるだけ有効的に活用したい!」
それは当然のことです!
はっきり申しまして、お客様のご要望に応じて図面の段階からオーダーメイドで製作していく弊社のティピーは決して安い買い物ではありません。
だからと言って値段だけで安易に輸入物を導入されることもあまりおすすめはできません。
そういう方にこそ、弊社でご紹介している内容を読んでいただいてからティピーの導入を考えていただきたいと思うのです。
生意気なことを申しましてすみませんが、ここで提供している情報は”タダ”です!
だからと言って情報の出し惜しみは一切いたしておりません!!
お客様ご自身の未来予想図が鮮明に描きあがった時、その予想図に弊社も描かれることがあれば、それは何よりの光栄であります。
ただ、もしご提供する内容にご満足いただけなければ弊社がまだまだ未熟であるということですので、それを今後の励みとして精進してまいります!
弊社では1995年以来、輸入ではないオリジナルティピーにこだわり製作と設営に携わってきた実績があります。いつの日か、お客様と一緒に未来予想図を描くお手伝いをさせていただければ幸いでございます。
代表写真

ジーフィールドのティピーはなぜ日本製なのか?

アメリカ・インディアン居留地にあるキャンプ場 アメリカ・インディアン居留地にあるキャンプ場 ©Gfield

「ジーフィールドのティピーは、なぜ日本製なのか?」
理由は簡単です。
「なぜならティピーを日本で使うからです!!」

もうひとつの質問!
「ジーフィールドでは輸入ティピーは取り扱わないんのですか?」
ジーフィールドでは、アメリカからの輸入物のティピーを一切取り扱っておりません。
インディアンジュエリーの買い付けのために渡米はいたしますが、ティピーを買い付けしてくることはありません。なぜでしょう?
以前、あるキャンプ場のオーナー様からこんな話をお伺いしました。
キャンプ場にティピーを導入したい!と考え、アメリカから輸入し、キャンプ場に設置しました。ご利用されるお客様からも評判が良かったのですが、しばらくしてから生地に黒カビが生えてきて、紫外線で生地が劣化しボロボロになってしまったそうです。
その後、補修などのアフターフォローもしてもらえず撤去せざるを得ない状況になってしまった。と嘆いてらっしゃいました。
せっかくティピーに魅力を感じて導入されたのに、もうティピーへの興味をなくしてしまったそうです。
本場アメリカのティピーは本物です!
私がひとめ惚れしたように当たり前ですが本物にしかない魅力がありかっこ良い!
しかし、アメリカは乾燥した大地です。
日本のように湿気が多く雨の多い気候とは違っており、日本の大地にそのまま導入してしまうと様々な問題が発生します。
当時、輸入物を商材として取り入れるべきか否かを悩んでいたのでしたが、このお話をお伺いしてからより一層ジャパニーズティピーの製作に力を入れることとなりました。
ジーフィールドがこだわるティピーはすべて純国産(Made in Japan)
オーダーメイドの日本製ティピーとなっております!

すべてのティピーが同じように製作されているわけではありません!!

インディアンテント「ティピー」製作風景 インディアンテント「ティピー」デザイン施工風景 ©Gfield

申し訳ありませんが、ご注文いただいたティピーをお客様のお手元にお届けするまでには少々お時間がかかります。
なぜならティピーに関して言えば「在庫」という概念がありません。
ジーフィールドのティピーは全てが手づくりのオーダーメイドとなっております。
ティピーの導入を検討されている方からは、日々いろいろな活用方法をご相談いただきます。

 

「こんなイベントでティピーを使えるだろうか?」

 

「こういう場所だけどティピーを設営できるだろうか?」

 

「こんなティピーは作れるだろうか?」等など・・・

 

内容は実に多種多様でバラエティーに富んでいます。
ご相談いただく内容すべてが有り難い内容ばかりですが、みなさんのご要望にお応えできるよう、ティピーの具体的な利用形態やご要望をお伺いし、それを基に図面を製作します。
インディアンテント「ティピー」製作風景
図面が完成したらミニチュア模型がつくられ、ティピーの設営イメージが固まった時点ではじめて製作開始となります。
お客様のご要望をお伺いしてからその要望に合わせて製作するため、少々お時間をいただくことになります。

オーダーメイドだから対応できるサポート体制

インディアンテント「ティピー」製作風景 インディアンテント「ティピー」製作風景 ©Gfield

ジーフィールドのティピーは全てがオーダーメイド。ジーフィールドのティピーは、ご注文をいただいてからすべての工程を職人がひとつひとつ丁寧に手作業で作り出しています。
それは昔からインディアンが我が家を家族と地域の人と作りだしていた時の気持ちと同じようにその想いだけは引き継いでいるつもりです。
ただ違うことといえばティピーを愛する日本人が日本で製作しているということだけです。

インディアンのテント屋さん「ジーフィールド」 代表 吉田拓矢

Copyright©2018 Gfield.All Rights Reserved.